ふくろ茸とは?


フクロタケ(テングタケ科)

■学名:Volvariella volvacea

■英名:(Chinese) Straw Mushroom

 

 原産は、中国(一説にはヒマラヤ)のキノコで、ほぼ世界中に分布。中国南部・台湾・ベトナム・フィリピン・タイなど東南アジアから遠くは北アフリカまで広く栽培されている。中国南部から東南アジアにかけては最もポピュラーなキノコのひとつ。中華料理では特に好まれメニューも多く、華僑の進出とともに現地栽培が始まったものと思われる。

 生産量世界一のキノコはシイタケですが、マッシュルームなどに次いでフクロタケは5番目(世界的なので未確認、タイでは8万4000トンほど[2003-2004年]生産)くらいの栽培量。台湾では比較的、先進的な設備栽培が行われていたが、近年、人件費の高騰などの理由から缶詰などの主生産地はベトナムなどに移行している。

 普通のキノコが朽ち木などに発生する腐朽生に対して、フクロタケは、稲ワラなどに発生する草生のキノコで、中国では「(草茹(口が古の字)[ツァオグウ])(草キノコの意)と呼ばれている。タイでは「ワラ茸」とも。

 形態は、初期は茶褐色の卵形で袋状になっており、中にキノコがカサはつぼめた格好で入っている。これが和名『ふくろ茸』と呼ばれる所以で、成長とともに中のカサが大きくなり、まわりの袋が破れシイタケのように開く。(中華料理では、開く前の丸い状態のものが主に使われる。)大きさも丸い状態で、ウズラの卵くらいから鶏卵くらいまで成長。(タイの記録では1個で1キロになるほど。)

 食材としても産地ではごく一箱的に利用されており、中華料理はもとより世界の三大スープとして名高いタイ料理「トムヤムクン」や「タイカレー」にはかかせない食材。また、中国では薬膳キノコとしても珍重され、その薬効は『伝染病に対する抵抗力を増し、傷口の治りを早め、壊血病の予防に用いる。降圧作用あり』とある。

 国内の研究でも『いわゆるΟ-6-分岐β-(1→3)グルカンが抽出されるが、β-(1→3)グルカンは主として宿主の細胞性免疫に働いてマクロファージの活性化やナチュラルキラー細胞の強化など生体防御機構を増強することにより、抗腫瘍効旺を発現するものと考えられている。』とある。(「キノコの化学・生化学」(株)学会出版センターより)

 独特な食感や旨みがあるにもかかわらず日本での利用は、現在100%輸入水煮加工品(中国・ベトナム・タイ・フィリピン産他)や佃煮のみとなり、これは、ほとんどの栄養素・旨みが逃げており、食感のみものである。「水煮」と「生(冷凍)」のフクロタケとでは、味・食感・栄養・形状などまったく違うものである。

 今日の日本で、ほとんど生産も流通もしていない最大の理由は「劣化が極端に早い」ということ。フクロタケは30℃前後の高温・多湿の環境でしか生産されず、植菌して10日程で収穫できるほど成長が早く、同様に収穫後も成長(劣化)が早いため、2〜3日で食味期間を失う。(東南アジアの現地では、市場やスーパーなどで山積みされ売っているが、1〜2日で売り切り。それ以外は、缶詰等の加工品の原料に)そのため生産地でも限定された生産者と料理店などとの流通しかない。

 いずれにしろ、熱帯性のキノコの中ではまちがいなく一番(と言っていいと思う)美味しいキノコである。

 

フクロタケ(テングタケ科)

■学名:Volvariella volvacea

■英名:(Chinese) Straw Mushroom

 

 原産は、中国(一説にはヒマラヤ)のキノコで、ほぼ世界中に分布。中国南部・台湾・ベトナム・フィリピン・タイなど東南アジアから遠くは北アフリカまで広く栽培されている。中国南部から東南アジアにかけては最もポピュラーなキノコのひとつ。中華料理では特に好まれメニューも多く、華僑の進出とともに現地栽培が始まったものと思われる。

 生産量世界一のキノコはシイタケですが、マッシュルームなどに次いでフクロタケは5番目(世界的なので未確認、タイでは8万4000トンほど[2003-2004年]生産)くらいの栽培量。台湾では比較的、先進的な設備栽培が行われていたが、近年、人件費の高騰などの理由から缶詰などの主生産地はベトナムなどに移行している。

 普通のキノコが朽ち木などに発生する腐朽生に対して、フクロタケは、稲ワラなどに発生する草生のキノコで、中国では「(草茹(口が古の字)[ツァオグウ])(草キノコの意)と呼ばれている。タイでは「ワラ茸」とも。

 形態は、初期は茶褐色の卵形で袋状になっており、中にキノコがカサはつぼめた格好で入っている。これが和名『ふくろ茸』と呼ばれる所以で、成長とともに中のカサが大きくなり、まわりの袋が破れシイタケのように開く。(中華料理では、開く前の丸い状態のものが主に使われる。)大きさも丸い状態で、ウズラの卵くらいから鶏卵くらいまで成長。(タイの記録では1個で1キロになるほど。)

 食材としても産地ではごく一箱的に利用されており、中華料理はもとより世界の三大スープとして名高いタイ料理「トムヤムクン」や「タイカレー」にはかかせない食材。また、中国では薬膳キノコとしても珍重され、その薬効は『伝染病に対する抵抗力を増し、傷口の治りを早め、壊血病の予防に用いる。降圧作用あり』とある。

 国内の研究でも『いわゆるΟ-6-分岐β-(1→3)グルカンが抽出されるが、β-(1→3)グルカンは主として宿主の細胞性免疫に働いてマクロファージの活性化やナチュラルキラー細胞の強化など生体防御機構を増強することにより、抗腫瘍効旺を発現するものと考えられている。』とある。(「キノコの化学・生化学」(株)学会出版センターより)

 独特な食感や旨みがあるにもかかわらず日本での利用は、現在100%輸入水煮加工品(中国・ベトナム・タイ・フィリピン産他)や佃煮のみとなり、これは、ほとんどの栄養素・旨みが逃げており、食感のみものである。「水煮」と「生(冷凍)」のフクロタケとでは、味・食感・栄養・形状などまったく違うものである。

 今日の日本で、ほとんど生産も流通もしていない最大の理由は「劣化が極端に早い」ということ。フクロタケは30℃前後の高温・多湿の環境でしか生産されず、植菌して10日程で収穫できるほど成長が早く、同様に収穫後も成長(劣化)が早いため、2〜3日で食味期間を失う。(東南アジアの現地では、市場やスーパーなどで山積みされ売っているが、1〜2日で売り切り。それ以外は、缶詰等の加工品の原料に)そのため生産地でも限定された生産者と料理店などとの流通しかない。

 いずれにしろ、熱帯性のキノコの中ではまちがいなく一番(と言っていいと思う)美味しいキノコである。