エスニック料理に欠かせないフクロタケ。炒めてよし、煮てよし、焼いてよし、揚げてよし。

東南アジア旅行先でしか味わえなかった、フクロタケの味、香り、食感を、存分に満喫してください。


フクロタケのフリッター

────────────────

 

1)小さめのフクロタケを用意します。

2)小麦粉、ベーキングパウダー少々を水でよくこねます。(天ぷらの時よりも少々固めに)

3)フクロタケを楊枝などで刺して、2)にくぐらせ、ぬるめの油に1個ずつ入れて揚げます。

  最初は弱火で、衣が固まったら強火にして、二度揚げをするとパリッとふっくら仕上がります。 

 

●料理・レシピ協力/中国料理 牡丹(ぼたん)

 


フクロタケの鶏肉炒め

ーーーーーーーーーーー

●料理・レシピ協力/中国料理 牡丹(ぼたん)


フクロタケの冷菜

─────────

1)大き目のフクロタケは6~8等分に、小さいものは半分切りにして、スープ・醤油・うまみ調味料・砂糖を加え、煮ておきます。

2)器にサラダ用の野菜(レタス・タマネギ・ニンジン等を好みで)を入れ、一番上に1)のフクロタケを美しくトッピングし、お好みのドレッシングで仕上げます。

 

●料理・レシピ協力/中国料理 牡丹(ぼたん)


フクロタケの刺身

─────────

さっと茹でたフクロタケを冷水にくぐらせ、盛り付けるだけ。

お好みで「ワサビしょうゆ」やパクチーたっぷりのエスニックソースでお召し上がりください。

少し開いたものもGOODです!

 

●台湾の食堂にて


フクロタケとサヤエンドウのスープ

─────────────────

 

●台湾の食堂にて


フクロタケとショウガの千切り炒め

─────────────────

 

●台湾の食堂にて


以下、随時増えていきま〜す。